ニキビ美白 スキンケア

ニキビと美白スキンケアを両立させる方法とは?

ニキビ美白スキンケア

ニキビと美白スキンケアを両立させる事は出来ます

 

 

 

ニキビに悩まされていると、他のお肌ケアはついつい後回しにしてしまいがちですよね。

 

最近では猛暑が続き、ゴミを出しに行ったり、
外出しなくても洗濯物を干す間など気が付けば
日焼けしてしまったということも多いと思います。

 

 

私の場合は

 

ニキビができていると日焼け止めがなんとなく「お肌に悪いかも」

 

と思ってしまい、ついつい塗らずにいてしまうことがあります。

 

日焼けしてしまうと、やはり必要なのは美白ですよね。

 

これってお肌にどうなのでしょう?
ニキビと美白ケア、両方をケアすることはできるのでしょうか?


ニキビ跡によってできた色素沈着によるシミであっても美白ケアで薄く出来る

実は、ニキビと美白を同時にケアすることは可能です。

 

美白といってもお肌を実際に白く脱色させるわけではありません。
紫外線に当たると大量発生するメラニン。

 

これによって黒くなってしまったお肌をもともとの白さに戻すというのが美白です。

 

つまり・・・

 

ニキビ跡によってできた色素沈着によるシミであっても美白ケアをすることによって薄くすることはできるのです。

紫外線の種類 UVAとUVB

にきび痕によってできた色素沈着によるシミを改善する!
そのためにはまず、紫外線からお肌を守る必要があります。

 

紫外線にはUVAとUVBというものがあります。

 

日焼けして顔が赤いとかヒリヒリするというのはUVBの影響です。
エネルギーが強く、肌表面を傷つけることもあります。

 

シミはもちろん、ニキビの要因となることもあります。

 

 

なので、日焼け止めなどは利用するほうがいいと思います。
ただし、紫外線吸着剤は肌に刺激を与えるので、
ニキビケアと併用する場合は紫外線散乱剤を使用している
日焼け止めを利用する必要があります。
また、ファンデーションも油分が少ないものやないものを選びましょう。

 

 

そして新陳代謝を活発にして、お肌のターンオーバーを正常に戻す必要があります。
つまり、ニキビをケアすることとあまり変わらないわけです。

 

美白によいと言われているのがビタミンCですが、
これもモチロン、ニキビケアにもよい成分です。

 

ニキビ肌でシミに悩まされている人はビタミンCなどの美白にも有効とされているものを選ぶとよいでしょう。

 

それだと、ニキビケアもできて、美白にも対応できる!まさに一石二鳥の商品です。

当サイトは、私のにきび痕改善の体験談をご紹介しています。 以下リンクをクリックするとトップページへ

30代にきび痕改善した方法